たかがデリヘル嬢されどデリヘル嬢、お客さんとの出会いは大切にしていきたいと思います。それがたとえ痛客であってもw

一期一会を大切にしたいと思うデリヘル嬢とお客の関係とは

デリヘル嬢の一期一会

デリヘル嬢とメールやラインの交換をして判る事

投稿日:

デリヘル嬢とメールやラインの交換をして判る事お気に入りのデリヘル嬢とメールやラインの交換をしていったいどんなやり取りをしているかと言うと、意外と男性客の狙い通りにはいかないというのが現実だと思います。

男性客の目的は店外でのデートに誘い、あわよくばラブホテルで個人的にセックスが出来たらと考える人が大半なのだと思います。

そしてデリヘル嬢は本指名客として上手く定期的に客として引っ張ろうと考えているだけで、店外デートのお誘いには絶対断るといった考えの風俗嬢が大半なので、男性客の目論見が上手く行くわけがありません。

何度も本指名で通っているのだからと頻繁なメールは嫌われる

何度も本指名で通っているのだからと頻繁なメールは嫌われるデリヘル嬢にとって頻繁なメールのやり取りはかなり難しいのが現実です、まずは本名ではなく源氏名しか教えていない間柄となるので、平常時はプライベートの家族や友達と一緒の時はメールの連絡でさえちょっと難しくなります。

出勤時においてはデリヘルの接客中は当然連絡は取れず、人気嬢ともなれば移動時間は唯一身体を休められるひと時となるので、やはり難しいです。

移動時間にメールの返信をしても、次のお客様の元へ到着したらやはり返答はすぐにはできません、結果として出勤時の待機時間程度しか安心してゆっくりとメールやラインは出来ないという事になってしまいます。

頻繁に本指名として何度も通うお客様ともなれば、独占欲も必然的にあり、メールの返信がかなり時間がかかるのも気が気ではない人も多いみたいです、ある意味でお客様としてではなく個人的な関係を構築しようと努力をすれば空回りになる場合のが多いみたいですね。

良くある風俗嬢とのメールのやり取り

良くある風俗嬢とのメールのやり取り『おはよう!今日もお仕事頑張ってね♪』とか『お疲れ様♪ゆっくりと身体休めてね』など、そして風俗嬢によっては『ちょっと寂しい、逢えないかな?』など、タイプとしては、風俗嬢が絶対にお客様として来てくださいと言わない女性と、あからさまにお客様として来て下さいという女性に分かれます。

デリヘルのお客様としては誘わない女性については、メールやラインのみで話し合える気さくな友達関係を構築しようと考えています。

自分から風俗の客として引っ張れば、本番すらも求められる可能性があるから、友達関係として繋いで置けば、風俗遊びをしたいと考えた時は自分の元にきっと来てくれるだろうというやり方ですね。

デリヘル嬢が自分からお客様として来て下さいと誘う女性ほど、売り上げが少なくて必死な女性か、本番だって通ってくれるお客様なら別に構わないと割り切っている女性かと相場はそれなりに決まっているのではないでしょうか。

結果として本指名客でいつも予約が埋まるのは、自分からは風俗のお客様として誘わない女性のが実は人気嬢だったりするのです。

風俗嬢との個人連絡をしなくなるのは自然消滅が多い

風俗嬢との個人連絡をしなくなるのは自然消滅が多い恋愛の終わりは痴話喧嘩とか性格の不一致などが多いですが、風俗嬢との個人連絡をしなくなるのは自然消滅がほとんどなのです。

個人的にデリヘル嬢との関係を求める男性は、寂しいなどの連絡を受ければお客様として通いますが、男性からしてお客様として都合よく呼ばれているだけと理解した瞬間に恋愛感情があっても醒めてしまいます。

個人的な店外を必死に誘っても風俗嬢が乗ってこなかったり、恋愛対象として成立しないなと感じてもやはり男性客は醒めてしまうのです。

またはひつこいほど店外を誘われて面倒と感じた風俗嬢も、このお客様は要らないと思えば、返信をしなくなるのも当然ですよね。

デリヘル嬢との個人的な連絡は互いの駆け引きでしかありません、本気で結婚したいとかの申し出で互いに気持ちが一致しない限りは長続きなんてする訳がないのです。

その上でなんとかお気に入りのデリヘル嬢を口説きたいと考えるならば、風俗嬢としてではなく一人の女性としてデリヘルで風俗のアルバイトをしている女性の気持ちをしっかりと理解してからメールやラインのやり取りをしないと、必ずすれ違いになってしまうものだと思いますよ。

-デリヘル嬢の一期一会

Copyright© 一期一会を大切にしたいと思うデリヘル嬢とお客の関係とは , 2018 AllRights Reserved.