一期一会を大切にしたいと思うデリヘル嬢とお客の関係とは

たかがデリヘル嬢されどデリヘル嬢、お客さんとの出会いは大切にしていきたいと思います。それがたとえ痛客であってもw

*

デリヘルでもお客さんとの出会いは大切にしたい

自分が頑張っている職業がデリヘルであっても、キャバクラであっても、美容師やエステティシャン、販売員などの普通の接客業の人達であっても、必ず接するのがお客さん。そして、そのお客さんという人との出会いを大切にできるかどうかで、その職業での収入にも直接関係してくるものですよね。仕事だけにとどまらず、プライベートでの出会いだってそうですよね。ちょっとしたきっかけのその出会いが一生続く関係になるかもしれません。
そんなわけで、全国のどのデリヘルでの出会いであっても『一期一会』だと思って大切にしていきたいと思うようになるものなのです。

そもそも一期一会って何でしょうw
日本に古くからあることわざで、茶道からきている言葉だといわれています。その語源は戦国時代に活躍したと言われる茶道の産みの親、千利休の言葉からきていると言われています。1588年頃に書かれたと思われる、彼のお弟子さんが記した書の中にその言葉が残っているというものなのです!なんとも歴史ある言葉だったのです。
2度と訪れることのない機会だと思って、生きているうちにあるかないかのたった1度の出会いであるということを心に留めて、お互いに誠意を尽くすという気持ちの表れかたのことを指します。もしかしたら、もう2度と会うことがないかもしれないという気持ちで最高のおもてなしをしましょう。という日本独特の文化でもあります。全く同じ表現を英語でしようとすると、かなりの長文になってきますからね。
他にも、英語では表現しきれない日本語というものは意外と多くあるものです。「阿吽(あうん)の呼吸」「あでやか」「いただきます」「ごちそうさま」「おかげさま」「もったいない」「微妙」などなど、普段何気なく使っている日本語ですが、全く同じことを英語で表現しようとすると一言では難しいものがあります。
日本語の美しさも再発見できますでしょう?(笑)

そんなわけで、他の国では聞くことのできない日本語と一期一会という日本人独特の魂を誇りにも思うのです。それがたとえ苦手なお客さんであっても、逆にお客さん側も『地雷だ』と思うような子に当たったとしても、一期一会の言葉を思い出せばその場を盛り上げて楽しめるのではないでしょうか?
国内のどの地域で利用するにしてもできればお互いに良いお客さん、良いデリヘル嬢に出会いたいと思うのは当たり前のお話です。お互いにそう思えるかどうかは、あなたの心の持ちように左右されるだけだと思いますよ。

利用する側の男性ならば素敵な女性との出会いを求めるのはいたって普通の流れだと思いますし、男だから当たり前のお話ですよね。
しかしどこにそんな理想的な美人がいるのかといえば、これに関しては探すことができるんです。しかも全国どこへいても携帯の電波やwi-fiが入るところであれば、インターネットを介してかなりの情報を見ることができるのです。
それにはポータルサイトの存在を知る必要があります。
遊ぶ地域は決まっていても、それが全国のどの地域であっても女の子を探すことができるというのが国内のデリヘル店を集結させた専用のサイトになるのです。ここから貴方の出会いを探すのはとっても簡単なことです。
全国のデリヘル専門の情報を届けてくれるデリノートから美人でプレイの内容にも申し分ないという女性との運命の出会いが待っているのです。こうしたウェブサイトを一つ知っておくだけで、貴方の出会いは何倍にも大きく膨れ上がりこれからの人生に彩りを添えてくれることでしょう。

デリヘルでは常連さんとなる人もいれば、一度限りの利用でもう会わなくなってしまうという人もいます。
住んでいる地域で利用するのならば常連になる可能性は強くなりますし、全国を旅しながら、出張が多い男性はその都度違う場所で違った女の子たちと遊ぶことになりますね。出会いの機会は増える一方でリスクも高くなるとも言えるかもしれません。
その中にはもう絶対に会いたくないと思えるほど嫌な体験でしかないという人もいれば、できればもう一度会いたいなと思える人もいるのですが、どちらかといえば後者の方が後味はとてもよいものですよね。
デリヘルを利用する全国の男性ユーザーとしてならばリピーターとなり、もう一度同じキャストを指名するということで再会は可能になるものです。その女の子が退店しない限りは高確率で会うことができますよね。残念ながら、遠出した時にそんな運命の出会いをしたのであれば出張で同じところに来ない限りは会うこともありませんし、もし同じ場所へと訪れたとしても必ずしもその女の子がその店に在籍しているかどうかは確証されていないものでもあります。
素敵な女の子に出会った時にはもちろん感じてもらえるかと思うのですが、女の子がお客さんに抱く感情でもあるのです。
とてもいいお客さんだった、こんなお客さんならまた来て欲しい、利用する人がこんな男性ばかりだったらいいのに…なんて接客業にはよくある話です。
お互いにもう一度会いたいな、と思えるような体験をするにはやっぱりお互いのことを考えながら相手に接するということが基本ですよね。デリヘルで働く側は一度きりのお客さんかもしれないから今までにないくらいの最高のサービスを、と考えるでしょう。お客さん側ならばもう二度と会えないかもしれないし、良い感じの子だからせめて印象に残るような客であろうとするのではないでしょうか。
客なんだからやってもらって当たり前、という考えではサービスの向上も見込めませんし場合によっては出入り禁止なんてこともありますから。もう来ることはないからなんて考え方は非常に人間性に乏しい考え方でもあると言えるでしょう。お互いに気持ちの良い距離感で楽しい時間を過ごせることが望ましいですね。

全国のデリヘルでは在籍している女の子の質の向上が著しいと囁かれていますが、外見だけを磨いていては対応しきれなくなってきたとも言えるのです。いわゆる接客地雷にあたる子は見た目はいいのに…なんて言われる女性が多いのも特長です。
逆に言えば『良いのは見た目だけ』であって、性格的にも接客業としても全くもって誠心誠意が見られないなんていうこともあります。客としては女の子のルックスを見て喜んだのはいいものの、ただのぬか喜びだったと気付いた時にはもう手遅れだったりします。これを避けるためには、店のスタッフとの良好な関係があるかないかによって大きく分かれます。
こちらは客だぞ、といったタイプの男性にはマニュアル通りに、注文に合うような女の子や言われた通りの女の子を案内するでしょう。しかし、友好的な関係であった場合はこちらの好みを伝えるとそれに合った子でなおかつプレイや接客態度も良い子を案内してくれるはずなのです。また、Aちゃんはどんな感じかな?と聞くとちゃんと答えてくれますし、むやみやたらに態度の悪い子を勧めてくることもありません。
通過点でしかないと思っていたこのデリヘルスタッフとの関係も、視点を変えてみると一つの出会いなわけです。これを大切にできる人こそがプライベートやデリヘルでも楽しく、仕事も円滑に進めることができる人でもあると言えるでしょう。
大企業の社長さんや会長さんなどに多く見ることができる特長の一つでもあります。人と人とのつながりや触れ合いを大切にしているからこそ、自分のやってきた行いにそれなりの成果が伴ってきているということなんです。
これからもデリヘルのある人生を楽しく充実させたいのならば目線を変えてみることも必要かもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2016/08/16